Pat
J-GLOBAL ID:200903001880563469

ニューマチックケーソンの作業員昇降設備

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 高山 道夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992035552
Publication number (International publication number):1993202523
Application date: Jan. 27, 1992
Publication date: Aug. 10, 1993
Summary:
【要約】【目的】 再利用可能な鋼製のマンロックを用い、施工費を縮小する。また、このマンロックに、作業室内への出入りを容易とするスライド式昇降シャフトを設け、作業性を向上させ、施工期間を短縮する。【構成】 地上側からニューマチックケーソン本体Aの作業室天井aにまで延び、かつ内部に昇降自在なエレベータ3が設けられたシャフト1と、このシャフト1と着脱自在に接続され、かつ前記作業室天井aのアンカーリング6部分に着脱自在に取付けられた鋼製のマンロック4と、このアンカーリング6内に設けられ、かつ作業室B内に昇降自在であって作業員出入用の圧気扉8を有するスライド式昇降シャフト7とを備えた構成とした。
Claim (excerpt):
地上側からニューマチックケーソン本体Aの作業室天井aにまで延び、かつ内部に昇降自在なエレベータ3が設けられたシャフト1と、このシャフト1と着脱自在に接続され、かつ前記作業室天井aのアンカーリング6部分に着脱自在に取付けられた鋼製のマンロック4と、このアンカーリング6内に設けられ、かつ作業室B内に昇降自在であって作業員出入用の圧気扉8を有するスライド式昇降シャフト7とを備えたことを特徴とするニューマチックケーソンの作業員昇降設備。
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • 特開昭53-046117
  • 特開昭55-115581
  • 特開昭55-049430
Cited by examiner (2)
  • 特開昭53-040669
  • 特開昭53-046117

Return to Previous Page