Pat
J-GLOBAL ID:200903001935520675

梱包緩衝材ならびにその製造方法および製造装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 中村 純之助
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994284819
Publication number (International publication number):1996143065
Application date: Nov. 18, 1994
Publication date: Jun. 04, 1996
Summary:
【要約】【目的】 初期コストがかかるのを避け、製造コストを安価にし、2度目以降の衝撃の吸収率が大幅に減少するのを防止し、多様な梱包に容易に対応する。【構成】 ダンボールシート4を巻き、巻かれたダンボールシート4にテープ5を巻いてダンボールシート4を固定し、梱包緩衝材6を構成する。
Claim (excerpt):
ダンボールシートを巻き、上記ダンボールシートをテープで巻いて固定したことを特徴とする梱包緩衝材。
IPC (2):
B65D 81/03 ,  B31C 13/00

Return to Previous Page