Pat
J-GLOBAL ID:200903001946167500

履帯式車両のトラックローラ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 影井 俊次
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000322658
Publication number (International publication number):2002127957
Application date: Oct. 23, 2000
Publication date: May. 09, 2002
Summary:
【要約】【課題】 ローラと、このローラを支持するローラ軸との間の摺動部に汚損物質が入り込むのを防止する。【解決手段】 履帯10のトラックリンク10a上を転動するローラ30をローラ軸31に回転自在に嵌合させ、このローラ30の両端部には、下部走行体1のトラックフレーム13に固定したカラー32が嵌合しており、このカラー32内で、それとローラ軸31の外周面と間に形成される隙間の開口部から泥土等の汚損物が侵入しないようにするために、カラー32には、内向きに突出する円環状のシール保持部40が連設されており、このシール保持部40とローラ軸32の端面との間には弾性シール部材41を所定量撓めた状態に装着されて、この隙間の開口端を密閉している。
Claim (excerpt):
走行手段として、下部走行体のフレームに連結して設けた駆動輪及び従動輪と、これら駆動輪と従動輪との間に巻回して設けた履帯とを備えた履帯式車両に設けられ、これら駆動輪と従動輪との間に配置され、前記フレームに両端がカラーにより支持されたローラ軸と、このローラ軸の両カラー間の位置に嵌合され、前記履帯に沿って転動するローラとを有するトラックローラにおいて、前記カラーと前記ローラ軸の端部との間に、これらローラ軸の外周面とカラー内面との間の隙間の開口端を密閉する密閉手段を設ける構成としたことを特徴とすると履帯式車両のトラックローラ。

Return to Previous Page