Pat
J-GLOBAL ID:200903001971805562

レーザー増幅システム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 猪股 祥晃
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992248008
Publication number (International publication number):1994097553
Application date: Sep. 17, 1992
Publication date: Apr. 08, 1994
Summary:
【要約】【目的】増幅器の増幅効率を最適に設定でき、伝送効率を高める。【構成】レーザー発振器1に初段増幅器2a,中間断増幅器2b,最終段増幅器2cを配置し、各増幅器2a,2b,2c間に第1のビームスプリットミラー5aを配置する。第1のビームスプリットミラー5aの下流側には第2のスプリットミラー5b、全反射ミラー6、収束レンズ7を配置する。収束レンズ7からのレーザー光は光ファイバー8により色素レーザー9に伝送する。
Claim (excerpt):
レーザー発振器と、このレーザー発振器からの出射レーザービームを順次増幅する複数段の増幅器と、これらの増幅器で増幅されて次段の増幅器へ入射するレーザービームの一部を分離するビームスプリットミラーと、このビームスプリットミラーで分離されたレーザービームを収束するレンズと、このレンズにより収束されたレーザービームをターゲットに伝送する光ファイバーとを具備したことを特徴とするレーザー増幅システム。
IPC (2):
H01S 3/10 ,  H01S 3/0947
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 特開平2-263485
  • 特開平2-180087
Cited by examiner (3)
  • 特開平2-263485
  • 特開平2-263485
  • 特開平2-180087

Return to Previous Page