Pat
J-GLOBAL ID:200903002024263701

イオン交換樹脂、イオン交換樹脂カラム、イオン交換樹脂の含有金属不純物量低減方法、精製装置、及び精製方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 梶 俊和
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005309122
Publication number (International publication number):2007117781
Application date: Oct. 24, 2005
Publication date: May. 17, 2007
Summary:
【課題】イオン交換樹脂内の金属不純物の含有量を確実に低減し、このイオン交換樹脂により精製される製造用液中への不純物金属溶出量を低減し、ひいては含有金属不純物量の少ない高純度の製造用液を得ることができるイオン交換樹脂の含有金属不純物低減方法、その方法により製造されたイオン交換樹脂、イオン交換樹脂カラム、そのイオン交換樹脂を用いた精製装置、及び精製方法を提供すること。【解決手段】このイオン交換樹脂7は、含有金属不純物量が1mg/l以下でかつ濃度が5%以上の鉱酸溶液11に接触させることにより、濃度3%の塩酸を体積比25倍量で通過させたときに溶出する全不純物量が5μg/ml-R以下とされている。【選択図】図3
Claim (excerpt):
含有金属不純物量が1mg/l以下でかつ濃度が5%以上の鉱酸溶液に接触させることにより、濃度3%の塩酸を体積比25倍量で通過させたときに溶出する全金属不純物量を5μg/ml-R以下としたことを特徴とするイオン交換樹脂。
IPC (3):
B01J 47/00 ,  B01J 39/04 ,  C02F 1/42
FI (3):
B01J47/00 Z ,  B01J39/04 H ,  C02F1/42 E
F-Term (10):
4D025AA04 ,  4D025AB18 ,  4D025AB19 ,  4D025AB22 ,  4D025BA09 ,  4D025BA10 ,  4D025BA14 ,  4D025BA15 ,  4D025BA17 ,  4D025BB02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (3)

Return to Previous Page