Pat
J-GLOBAL ID:200903002041235843

抗アレルギー剤

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006030305
Publication number (International publication number):2007210909
Application date: Feb. 07, 2006
Publication date: Aug. 23, 2007
Summary:
【課題】 本発明においては、抗ヒスタミン作用や抗セロトニン作用を有し、喘息、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管狭窄などのアレルギー性疾患に有効な抗アレルギー剤を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明によれば、抗ヒスタミン作用や抗セロトニン作用を有し、喘息、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管狭窄などのアレルギー性疾患に有効な抗アレルギー剤を得ることができる。また、本発明の南天実エキスは、優れた抗ヒスタミン作用や抗セロトニン作用を発揮するため、アレルギー性疾患のみならずヒスタミンやセロトニンが関与する種々の疾患に有効な抗ヒスタミン剤や抗セロトニン剤として利用することができる。【選択図】 なし
Claim (excerpt):
南天実エキスを有効成分とする抗アレルギー剤。
IPC (3):
A61K 36/29 ,  A61P 37/08 ,  A61P 43/00
FI (3):
A61K35/78 G ,  A61P37/08 ,  A61P43/00 111
F-Term (7):
4C088AB63 ,  4C088AC04 ,  4C088CA03 ,  4C088NA14 ,  4C088ZB13 ,  4C088ZC13 ,  4C088ZC14
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Article cited by the Patent:
Return to Previous Page