Pat
J-GLOBAL ID:200903002062295935

プロピレン系共重合体組成物

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 鈴木 俊一郎
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995332385
Publication number (International publication number):1997169884
Application date: Dec. 20, 1995
Publication date: Jun. 30, 1997
Summary:
【要約】【課題】耐衝撃性に優れた成形体が得られるようなプロピレン系重合体組成物を提供すること。【解決手段】 オレフィン重合用触媒の存在下に、第1の重合工程において、エチレンとプロピレンとの共重合を液状のプロピレン媒体中で行い、エチレンから誘導される構成単位を10〜70モル%の割合で含有し、極限粘度[η]が5〜30dl/gの範囲にある低(非)結晶性共重合体を製造し、第2の重合工程において、前記低(非)結晶性共重合体の共存下で、プロピレンの単独重合を行うか、またはプロピレンとエチレンおよび/または炭素原子数が4〜10のα-オレフィンとの共重合を行い結晶性重合体を製造して得られえたプロピレン系ブロック共重合体と、低(非)結晶性エチレン系共重合体とからなるプロピレン系重合体組成物。
Claim 1:
オレフィン重合用触媒の存在下に、第1の重合工程において、エチレンとプロピレンとの共重合を液状のプロピレン媒体中で行い、エチレンから誘導される構成単位を10〜70モル%の割合で含有し、極限粘度[η]が5〜30dl/gの範囲にある低結晶性または非結晶性重合体を、最終的に得られるブロック共重合体に対して2〜40重量%の割合となるように製造し、第2の重合工程において、前記低結晶性または非結晶性重合体の共存下で、プロピレンの単独重合を行うか、またはプロピレンとエチレンおよび/または炭素原子数が4〜10のα-オレフィンとの共重合を行い結晶性重合体を、最終的に得られるブロック共重合体に対して98〜60重量%の割合となるように製造して得られたプロピレン系ブロック共重合体50〜95重量部と、低結晶性または非結晶性エチレン系重合体5〜50重量部とからなることを特徴とするプロピレン系共重合体組成物。
IPC (3):
C08L 53/00 LLY ,  C08F297/08 MRH ,  C08L 23/04 LCN
FI (3):
C08L 53/00 LLY ,  C08F297/08 MRH ,  C08L 23/04 LCN

Return to Previous Page