Pat
J-GLOBAL ID:200903002093211187

シールリング、シールリングの製法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 中倉 和彦
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998213969
Publication number (International publication number):2000046197
Application date: Jul. 29, 1998
Publication date: Feb. 18, 2000
Summary:
【要約】【課題】 2つの密接したシールリングの摺動面の間から内部に密封した潤滑油が漏出しないように、対向面を砥石により研磨することにより、同心円方向に研磨すると共にNC研磨機による研磨工程の全自動化により、研磨精度を向上させたシールリング及びシールリングの製法を提供することを目的とする。【解決手段】 請求項1のシールリングは、内周に内筒面を有し、外周にOリングを外装する傾斜面を有する環状のシールリングであって、その1対のシールリングを対向させて密接させたときの対向面の内周側の傾斜面をグラインダー形砥石により円周方向に研磨する傾斜面研磨工程と、その対向面の外周側の摺動面をグラインダー形砥石により円周方向に研磨する摺動面研磨工程と、を備え、その傾斜面研磨工程と、摺動面研磨工程とによりシールリングの対向面をグラインダー形砥石により円周方向に研磨することを特徴とする>
Claim (excerpt):
装軌式建設機械等の走行装置などに装着されるフローティングシールの1構成要素であり、内周に内筒面を有し、外周にOリングを外装する傾斜面を有する環状のシールリングであって、その1対のシールリングを対向させて密接させたとき、密接するシールリングの対向面の内周側に形成される円錐の台形の一部からなる傾斜面をグラインダー形砥石により円周方向に研磨する傾斜面研磨工程と、その1対のシールリングを対向させて密接させたとき、密接するシールリングの対向面の外周側に形成される平坦な環状の摺動面をグラインダー形砥石により円周方向に研磨する摺動面研磨工程と、を備え、それらの傾斜面研磨工程と、摺動面研磨工程とによりシールリングの対向面をグラインダー形砥石により円周方向に研磨することを特徴とするシールリング。
FI (2):
F16J 15/34 A ,  F16J 15/34 G
F-Term (3):
3J041AA07 ,  3J041BD06 ,  3J041DA14

Return to Previous Page