Pat
J-GLOBAL ID:200903002097170523

車両用空調装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 佐藤 強
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993301527
Publication number (International publication number):1995156646
Application date: Dec. 01, 1993
Publication date: Jun. 20, 1995
Summary:
【要約】【目的】 車両用空調装置において、駐車時にエバポレータに水滴が付着したまま残ることを防止する。【構成】 車両を駐車するために、車両乗員がイグニッションスイッチ装置をオフ(アクセサリースイッチもオフ)し、シートベルトを外して車外に降り、ドアをロックする。すると、制御回路はアクセサリースイッチのオフ(ステップS1で「YES」)後、t時間(例えば60秒)経過すると(ステップS2で「YES」)、ステップS3〜5を順に実行してシートベルトスイッチのオフ、乗員センサの乗員無し信号、ドアロックスイッチのオフの3条件から駐車されたことを認識する。すると、制御回路は報知器によりブロアの運転を報知した後、各ダンパを内気吸入モード、ヒータコアバイパスモード、フェイスモードとなるようにセットしてブロアを強で運転する。すると、このブロアからの送風空気によりエバポレータに付着している水滴が吹き飛ばされて除去される。
Claim (excerpt):
エバポレータ及びブロアを備え、ブロアにより送られる空気をエバポレータに通して車内に吹き出すようにした車両用空調装置において、車両が駐車状態にされたことを検出する手段と、車両の駐車状態が検出されたとき、前記ブロアを一定時間運転する制御手段とを具備してなる車両用空調装置。

Return to Previous Page