Pat
J-GLOBAL ID:200903002109014280

ハイマウントストップランプ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 秋本 正実
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993233227
Publication number (International publication number):1995081481
Application date: Sep. 20, 1993
Publication date: Mar. 28, 1995
Summary:
【要約】【目的】 ハイマウントストップランプを改良して、該ハイマウントストップランプのフロントカバーとリヤーウインドウガラスとの間隔寸法d′を規制できるようにする。この寸法d′が過大であると漏光が増大し、ほとんど零であると振動によって騒音を発し、マイナスであると組立が出来ないからこれらの不具合を防止する。【構成】 ランプハウジング1に一体構成されてブラケット4aに固着されているアーム1a′の根本部の付近に、薄肉のヒンジ部1bを形成し、かつ、フロントカバー7とリヤーウインドウガラス10との間にクッション材12a,12bを介装する。
Claim (excerpt):
アームを一体に成形された合成樹脂製のランプハウジングと、上記ランプハウジングの後方を覆って配置されたリヤーカバーと、上記ランプハウジングの前側に配置されたレンズと、上記レンズを嵌め込まれる開口を有し、上記ランプハウジングの前側に取り付けられたフロントカバーとを具備し、前記ランプハウジングのアームが、車体に固定されたブラケットに対して固着され、かつ、前記フロントカバーがリヤーウインドウガラスの内面に近設しているハイマウントストップランプにおいて、前記ランプハウジングに一体成形されたアームの根本部付近に、ヒンジとして作用する薄肉部を形成し、かつ、前記フロントカバーとリヤーウインドウガラスとを、クッション材を介して当接せしめて、該フロントカバーとリヤーウインドウガラスとの間隔寸法が規制されていることを特徴とするハイマウントストップランプ。

Return to Previous Page