Pat
J-GLOBAL ID:200903002155429451

塗装装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 森本 義弘
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994090412
Publication number (International publication number):1995289976
Application date: Apr. 28, 1994
Publication date: Nov. 07, 1995
Summary:
【要約】【構成】 塗料供給用コック3を開くと、塗料10が塗料供給体5に供給され、塗料供給体5の断面積は塗料供給管1の断面積に比べて大きいので、塗料10は速度を落として塗料供給体5に塗料ガイド部材6に案内され、適当な速度で塗料吐出孔12から塗装面11aに向けて吐出する。そして作業者は、塗料供給体5の基端部を持って、これを塗装方向に動かし、刷毛8aによって塗料吐出孔12から吐出した塗料10を均して、塗装面11aに塗布する。【効果】 塗料は塗料供給管よりも大きな断面積を有した塗料供給体内で速度を落とされ、複数の塗料吐出孔から塗装面に向けて吐出するので、粘性の高い塗料であっても水中にぼた落ちしてしまうのを防止でき、従来に比べて経済性を向上させることが出来、塗料が塗料吐出孔から吐出すると同時に刷毛によって塗料を均すことが出来るので、作業時間を短縮することが出来る。
Claim (excerpt):
塗料供給管の先端部に、該塗料供給管よりも大きな断面積を有する塗料供給体が取付けられ、該塗料供給体の先端部に形成された開口に、塗料均し用の刷毛を植設した蓋部材が取付けられ、該蓋部材に、前記塗料供給体内に供給された塗料を分配して被塗装物の塗装面に向けて吐出させるための複数の塗料吐出孔が形成されたことを特徴とする塗装装置。
IPC (3):
B05C 17/005 ,  B05C 1/02 101 ,  B05C 1/06

Return to Previous Page