Pat
J-GLOBAL ID:200903002202431761

全自動洗濯機

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小鍜治 明 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991285900
Publication number (International publication number):1993115660
Application date: Oct. 31, 1991
Publication date: May. 14, 1993
Summary:
【要約】【目的】 洗濯物の条件、排水条件がどうであっても常に同じ状態で脱水を行うことを目的とする。【構成】 中央底部にパルセータを回転自在に配設した洗濯兼脱水槽を内包した水槽を防振装置を有する吊り棒で支持する。脱水行程においてモータをオンにして水槽などの振動共振点より低い回転数V1に達した後、所定時間tiだけモータをオフにして再びモータをオンし、これをm回繰り返す。つぎにモータをオンにして回転数を振動共振点より高い回転数で回転させ、回転数V2に達した後所定時間tjだけモータをオフにして再びモータをオンにし、これをn回繰り返した後、モータを連続的にオンにして脱水を行い、かつ脱水工程開始からの時間が所定時間Txを超えたとき、モータを連続的にオンし、全脱水時間が極端に長くなることなく、常に同じ脱水状態が得られる。
Claim (excerpt):
中央底部にパルセータを回転自在に配設した洗濯兼脱水槽を内包した水槽と、防振装置を有し前記水槽などを支持する吊り棒と、マイクロコンピュータよりなる信号制御手段と、前記洗濯兼脱水槽を駆動し脱水動作を行うモータと、モータ回転数を検知する回転検知手段とを備え、前記信号制御手段は、脱水行程において前記モータをオンにして前記水槽などの振動共振点より低い回転数V1に達した後、所定時間tiだけモータをオフにして再びモータをオンし、これをm回繰り返した後、前記モータをオンにして回転数を前記振動共振点より高い回転数で回転させ、回転数V2に達した後所定時間tjだけモータをオフにして再びモータをオンにし、これをn回繰り返した後モータを連続的にオンにして脱水を行うようにし、かつ脱水工程開始からの所要時間が所定時間txを超えたとき、前記モータを連続的にオンするようにした全自動洗濯機。
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (3)
  • 特開平1-314599
  • 特開昭62-122696
  • 特開昭58-019291

Return to Previous Page