Pat
J-GLOBAL ID:200903002243659319

酸化物陰極

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 緒方 保人
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991130376
Publication number (International publication number):1993082013
Application date: May. 02, 1991
Publication date: Apr. 02, 1993
Summary:
【要約】【目的】 酸化物陰極で、ジュール熱の発生を抑えた状態で還元作用を良好に行うことにより、効率のよい電子放出を可能とする。【構成】 炭酸塩微粒子5をニッケル粒子2の表面に付着させて炭酸塩コーティング粒子4とし、この炭酸塩コーティング粒子4を基体金属1の表面に塗布した後に、加熱分解して酸化物陰極を形成する。従って、上記炭酸塩コーティング粒子4は、酸化物という殻を被ることにより、酸化物とニッケル粒子2との接触を良好にして還元作用を大きくすることができ、またニッケル粒子2間の酸化物の厚さも薄くかつ均一になるのでジュール熱の発生も抑制される。
Claim (excerpt):
炭酸塩微粒子を導電性粒子表面に付着させて炭酸塩コーティング粒子とし、この炭酸塩コーティング粒子を基体金属の表面に塗布した後に、加熱分解して形成した酸化物陰極。

Return to Previous Page