Pat
J-GLOBAL ID:200903002256517629

熱交換器用伝熱管及びこれを用いた熱交換器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 絹谷 信雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008016704
Publication number (International publication number):2009174833
Application date: Jan. 28, 2008
Publication date: Aug. 06, 2009
Summary:
【課題】水-冷媒熱交換器の伝熱性能を向上させ得る熱交換器用伝熱管及びこれを用いた熱交換器を提供する。【解決手段】熱交換器を構成する水管として使用されるコルゲート形状の伝熱管であって、前記コルゲート管10内面には螺旋状の内面溝2が形成されており、前記コルゲート形状のコルゲート溝1深さをHc、コルゲート外径をODとすると、0.04≦Hc/ODを満たし、前記内面溝2のフィン高さをHf、管の最大内径をIDとすると、0.022{30.7×(Hc/OD)+1.13}(-0.5)≦Hf/ID≦0.037を満たすものである。【選択図】図1
Claim (excerpt):
熱交換器を構成する水管として使用されるコルゲート形状の伝熱管であって、前記コルゲート管内面には螺旋状の内面溝が形成されており、前記コルゲート形状のコルゲート溝深さをHc、コルゲート外径をODとすると、0.04≦Hc/ODを満たし、前記内面溝のフィン高さをHf、管の最大内径をIDとすると、 0.022{30.7×(Hc/OD)+1.13}(-0.5)≦Hf/ID ≦0.037 を満たすことを特徴とする熱交換器用伝熱管。
IPC (3):
F28F 1/40 ,  F28F 1/42 ,  F28F 1/08
FI (4):
F28F1/40 D ,  F28F1/40 A ,  F28F1/42 Z ,  F28F1/08
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
Show all
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page