Pat
J-GLOBAL ID:200903002261796544

プログラム、文処理装置及び文処理方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 大塚 康徳 (外3名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002132838
Publication number (International publication number):2003323421
Application date: May. 08, 2002
Publication date: Nov. 14, 2003
Summary:
【要約】 (修正有)【課題】 体言止め等により文末が省略された文を、省略のない文に、より適切な形で変換すること。【解決手段】 文末が省略された文を処理するために、文末が名詞述語文に該当するか動詞述語文に該当するかを判定し、名詞述語文に該当すると判定した場合には、文末にコピュラを補完し、動詞述語文に該当すると判定した場合には、省略された文の解析に応じてサ変名詞をサ変動詞に変換する処理等により文末に省略部分を補完する。
Claim (excerpt):
文末が省略された文を処理するために、コンピュータに、前記文末が省略された文が、名詞述語文か若しくは動詞述語文に該当するか否か判定する判定工程と、前記判定工程において、名詞述語文に該当すると判定した場合には、前記文末が省略された文にコピュラを補完するコピュラ補完工程と、前記判定工程において、動詞述語文に該当すると判定した場合であって、前記文末が省略された文が、サ変名詞で終了している場合には前記サ変名詞をサ変動詞に変換する変換工程と、を実行させるプログラム。
F-Term (5):
5B091AA15 ,  5B091BA03 ,  5B091CA02 ,  5B091CA12 ,  5B091CC04

Return to Previous Page