Pat
J-GLOBAL ID:200903002284771158

セメント質材料の押出成形方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 山本 亮一 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992179150
Publication number (International publication number):1993213652
Application date: Jun. 12, 1992
Publication date: Aug. 24, 1993
Summary:
【要約】 (修正有)【目的】本発明はバインダーの添加量を増やさずに、低コストで成形速度が早く成形直後の保形性もよく、しかも成形体養生強度も曲げ強度で 200kg/cm2以上を保持できるセメント質材料の押出成形方法を提供する。【構成】この押出成形方法は、ケン化度87〜98%、20°Cでの4%水溶液の粘度が5cps 以上で、JISふるい26メッシュを通り抜ける粒子径のポリビニルアルコール粉末を20〜50重量%と、20°Cでの2%水溶液の粘度が 60,000cps以上で、JISふるい26メッシュを通り抜ける粒子径の水溶性ヒドロキシアルキルアルキルセルロースおよび/またはアルキルセルロース粉末を80〜50重量%とを混合してなるバインダーを、セメント材料に添加することにより行われる。
Claim (excerpt):
ケン化度87〜98%、20°Cでの4%水溶液の粘度が5cps 以上で、JISふるい26メッシュ( 600μm)を通り抜ける粒子径のポリビニルアルコール粉末を20〜50重量%と、20°Cでの2%水溶液の粘度が 60,000cps以上で、JISふるい26メッシュ( 600μm)を通り抜ける粒子径の水溶性ヒドロキシアルキルアルキルセルロースおよび/またはアルキルセルロース粉末を80〜50重量%とを混合してなるバインダーを、セメント材料に添加することを特徴とするセメント質材料の押出成形方法。
IPC (7):
C04B 28/02 ,  B28B 3/20 ,  C04B 14:02 ,  C04B 24:26 ,  C04B 24:38 ,  C04B 14:40 ,  C04B 16:02

Return to Previous Page