Pat
J-GLOBAL ID:200903002331332532

マグネット式吸着具

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 板垣 孝夫 ,  森本 義弘 ,  笹原 敏司 ,  原田 洋平
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004202523
Publication number (International publication number):2006021288
Application date: Jul. 09, 2004
Publication date: Jan. 26, 2006
Summary:
【課題】 マグネットと磁性体からなる被吸着物との距離が離れている場合でも、この磁性体を吸着できるようにする。【解決手段】 非磁性体により形成されているとともに中空で柱状のケース部22と、ケース部22内に配置されてケース部22の底面部22bに対して近づいたり遠ざかったりすることが可能とされ、底面部22bを介して磁性体からなる被吸着物7を吸着するマグネット21と、マグネット21が取り付けられてマグネット21を底面部22bに対して移動させる操作部材24とを有し、マグネット21が、底面部22bに対して環状に形成された外側部分21aと、外側部分21aの内側に非接触状態で配置されている内側部分21bとを有し、外側部分21aおよび内側部分21bが、底面部22bに対して同じ磁極が表れているものである。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
非磁性体により形成されているとともに中空で柱状のケース部と、前記ケース部内に配置されて前記ケース部の底面部に対して近づいたり遠ざかったりすることが可能とされ、前記底面部を介して磁性体からなる被吸着物を吸着するマグネットと、前記マグネットが取り付けられて前記マグネットを前記底面部に対して移動させるマグネット移動手段とを有し、前記マグネットが、前記底面部に対して環状に形成された外側部分と、前記外側部分の内側に非接触状態で配置されている内側部分とを有し、前記外側部分および前記内側部分が、前記底面部に対して同じ磁極が表れていることを特徴とするマグネット式吸着具。
IPC (1):
B25J 1/00
FI (1):
B25J1/00
F-Term (3):
3C007BS29 ,  3C007FS08 ,  3C007XF06
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 実開平6-17871号公報
  • 特開平4-129633

Return to Previous Page