Pat
J-GLOBAL ID:200903002347921996

送液装置及び燃料電池装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 谷川 昌夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004181872
Publication number (International publication number):2006002709
Application date: Jun. 18, 2004
Publication date: Jan. 05, 2006
Summary:
【課題】マイクロポンプ中へ気泡が混入することを抑制でき、それだけ安定した流量特性が得られる送液装置を提供する。液体原燃料の希釈用液等の使用液体中の気泡の影響を抑制して希釈液体燃料を電池へ安定して供給でき、それだけ発電性能を良好に維持できる燃料電池装置を提供する。【解決手段】複数種類の液体の混合、希釈等のためにマイクロポンプPa、Pbにより液体を送り合流させる送液装置MT’。ポンプ上流側の液通路に気泡トラップTrを設け、トラップTrで捕捉される気泡の排除手段(気泡抜き孔h、気泡排除装置EX、気泡センサAS又は気泡量推測部、コントローラCONT)を設ける。かかる送液装置構造を利用した送液ユニットPU又はポンプユニット1で原燃料を希釈用液で希釈して燃料電池3へ供給し、生成される水を回収容器6を介してユニットPUやユニット1へ循環させる燃料電池装置C1、C2。容器6に対し気泡排除手段ADを設ける。【選択図】 図8
Claim (excerpt):
1又は2以上のマイクロポンプにより送液する送液装置であって、少なくとも一つのマイクロポンプについて、正規送液方向において該マイクロポンプより上流側の液通路に気泡トラップを有しているとともに該気泡トラップに捕捉される気泡を該液通路外へ排除するための気泡排除手段を有しており、該気泡トラップはマイクロポンプへ向かって流れる液体中の気泡を捕捉する気泡トラップであることを特徴とする送液装置。
IPC (4):
F04B 43/04 ,  F04B 43/02 ,  H01M 8/04 ,  H01M 8/10
FI (5):
F04B43/04 B ,  F04B43/02 G ,  H01M8/04 L ,  H01M8/04 N ,  H01M8/10
F-Term (19):
3H077AA20 ,  3H077BB10 ,  3H077CC02 ,  3H077CC09 ,  3H077CC16 ,  3H077DD06 ,  3H077EE15 ,  3H077EE25 ,  3H077EE31 ,  3H077FF03 ,  3H077FF06 ,  3H077FF13 ,  3H077FF22 ,  3H077FF36 ,  5H026AA08 ,  5H027AA08 ,  5H027BA16 ,  5H027KK51 ,  5H027MM09
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • マイクロポンプ
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2000-143124   Applicant:ミノルタ株式会社
  • マイクロチップ
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-305237   Applicant:ミノルタ株式会社
  • 液体混合機構
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2002-023445   Applicant:ミノルタ株式会社

Return to Previous Page