Pat
J-GLOBAL ID:200903002365178800

鋼帯の冷却装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 小堀 益 ,  堤 隆人
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003100768
Publication number (International publication number):2004307904
Application date: Apr. 03, 2003
Publication date: Nov. 04, 2004
Summary:
【課題】冷却装置における鋼帯のバタツキを防止する。【解決手段】上下方向に走行する鋼帯2に対向させた一対の冷却箱12,12の表面に複数のノズル13を突出させ、この突出ノズル13からガスを噴出させて鋼帯2を冷却する鋼帯の冷却装置5において、前記一対の冷却箱12,12の対向する突出ノズル13,13の間を走行する鋼帯2の走行方向に沿って、複数のバッフルプレート14を鋼帯2の幅方向に所定の間隔をあけて立設したことを特徴とする鋼帯の冷却装置。【選択図】 図2
Claim (excerpt):
上下方向に走行する鋼帯に対向させた一対の冷却箱の表面に複数のノズルを突出させ、この突出ノズルからガスを噴出させて鋼帯を冷却する鋼帯の冷却装置において、前記一対の冷却箱の対向する突出ノズルの間を走行する鋼帯の走行方向に沿って、複数のバッフルプレートを鋼帯の幅方向に所定の間隔をあけて立設したことを特徴とする鋼帯の冷却装置。
IPC (2):
C21D9/573 ,  C23C2/00
FI (2):
C21D9/573 101Z ,  C23C2/00
F-Term (10):
4K027AA02 ,  4K027AA22 ,  4K027AB42 ,  4K027AD26 ,  4K027AE15 ,  4K043AA01 ,  4K043CB03 ,  4K043DA05 ,  4K043EA05 ,  4K043HA04
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 特開昭62-010224
  • 竪型連続焼鈍炉の冷却装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-052860   Applicant:新日本製鐵株式会社
Cited by examiner (2)
  • 特開昭62-010224
  • 竪型連続焼鈍炉の冷却装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-052860   Applicant:新日本製鐵株式会社

Return to Previous Page