Pat
J-GLOBAL ID:200903002447858965

流体送給機構における回転シール機構およびロータリジョイント

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 高松 利行 ,  渕上 宏二
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007103936
Publication number (International publication number):2008261405
Application date: Apr. 11, 2007
Publication date: Oct. 30, 2008
Summary:
【課題】面圧調整機構を必要とせずにシール面圧値の異なる複数種類の流体を送給対象とすることが可能な流体送給機構における回転シール機構およびこの回転シール機構に用いられるロータリジョイントを提供することを目的とする。【解決手段】流体供給源7a、7bから供給される複数種類の流体を軸心廻りに回転する回転部2aへ固定部2bを介して送給する流体送給機構に用いられるロータリジョイント2において、ハウジング部材13の嵌合孔13bを大径部および小径部を有する段差形状とし、フローティングシート15の固定軸部15bを小径部に嵌合させ、大径部に嵌合する移動シリンダ14を固定軸部15bに対して接離自在にして、第1の流体および第2の流体の流体力がそれぞれ移動シリンダ14および固定軸部15bに個別に作用する構成とする。これにより、対象とする流体に応じた所望のシール面圧値を個別に設定することができる。【選択図】図2
Claim (excerpt):
軸方向の回転流路が設けられた回転部および軸方向の固定流路が設けられた固定部を同軸配置して成り、複数の流体供給源から供給される複数種類の流体を軸心廻りに回転する前記回転部の回転流路へ前記固定流路を介して選択的に送給する流体送給機構における回転シール機構であって、 前記回転部に設けられ側端面に前記回転流路が開口した第1のシール面を有する回転シール部と、 前記固定流路が前記軸方向に貫通して形成された固定軸部を有し、一方側の側端面に前記固定流路が開口した第2のシール面を有する固定シール部と、 前記固定部の本体を構成するハウジング部材に設けられ前記固定軸部が前記軸方向の移動が許容された状態で嵌合し、第1の流体供給ポートが開孔する嵌合孔と、 前記嵌合孔を、前記固定軸部が嵌合する孔径で設けられた小径部およびこの小径部よりも大きい孔径で設けられた大径部に区分する段差部と、 前記固定流路と同軸の内部流路が軸方向に貫通して設けられ、前記大径部に軸方向に移動自在に嵌合して前記固定軸部の側端面に接離する移動部材と、 前記移動部材の前記接離動作における離隔方向の移動端の位置を規制する位置規制部と、 前記嵌合孔に前記固定軸部および前記移動部材が嵌合した状態において、前記小径部の内周面と前記固定軸部の外周面との間の隙間および前記大径部の内周面と前記移動部材の外周面との間の隙間をそれぞれシールする第1の軸シール部および第2の軸シール部と、 前記第1の軸シール部および第2の軸シール部の間において前記大径部の内周面に開孔し、前記大径部内において前記固定軸部と前記移動部材との間に形成される空間内に流体を送給する第2の流体供給ポートと、 前記第1の流体供給ポートに前記複数種類の流体のうちの第1の流体を選択的に供給するとともに、前記第2の流体供給ポートに前記複数種類の流体のうちの第2の流体を選択的に供給する流体供給手段とを備え、 前記第1の流体供給ポートに前記第1の流体を供給して前記移動部材の一方側の側端面に第1の流体の流体圧を作用させて、この移動部材を介して前記固定シール部を前記回転シール部に対して押圧することにより、前記第1のシール面と第2のシール面とを第1の面圧値で相互に密着させて面シール部を形成し、 前記第2の流体供給ポートに前記第2の流体を供給して前記固定軸部の側端面に第2の流体の流体圧を作用させて前記固定シール部を前記回転シール部に対して押圧することにより、前記第1のシール面と第2のシール面とを第2の面圧値で相互に密着させて面シール部を形成することを特徴とする流体送給機構における回転シール機構。
IPC (3):
F16L 27/08 ,  F16J 15/34 ,  B23Q 11/10
FI (3):
F16L27/08 Z ,  F16J15/34 A ,  B23Q11/10 E
F-Term (12):
3C011EE08 ,  3C011EE09 ,  3H104JA04 ,  3H104JB02 ,  3H104JC05 ,  3H104JC08 ,  3H104LF01 ,  3J041AA02 ,  3J041AA07 ,  3J041BA03 ,  3J041BB02 ,  3J041DA01
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
  • 特許第3037900号公報
  • 特許第3037900号
  • 回転体への流体供給装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平7-284365   Applicant:株式会社牧野フライス製作所
Show all

Return to Previous Page