Pat
J-GLOBAL ID:200903002546755361

溶接ワイヤ送給ユニット

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002125480
Publication number (International publication number):2003311413
Application date: Apr. 26, 2002
Publication date: Nov. 05, 2003
Summary:
【要約】【課題】 溶接ワイヤの安定した送給と溶接ワイヤの先端位置がずれないことで、溶接の安定性を向上させるプル型溶接ワイヤ送給ユニットを提供する。【解決手段】 本発明は、溶接ロボットの手首部1bに装着された溶接トーチ4と溶接ワイヤ2を供給するコンジットケーブル5との間に配設され、溶接ワイヤ2を挟持する複数のローラを備えた溶接ワイヤ送給ユニットにおいて、一方の複数のローラ63a、63b側に、上記一方の複数のローラ63a、63bを他方のローラ62に向けて付勢し上記溶接ワイヤ2を他方のローラ62の外周部に沿うように押圧する加圧手段65乃至68aを設けた溶接ワイヤ送給ユニット6である。
Claim (excerpt):
溶接ロボットの手首部に装着された溶接トーチと溶接ワイヤを供給するコンジットケーブルとの間に配設され、溶接ワイヤを挟持する複数のローラを備えた溶接ワイヤ送給ユニットにおいて、一方の複数のローラ側に、前記一方の複数のローラを他方のローラに向けて付勢し前記溶接ワイヤを他方のローラの外周部に沿うように押圧する加圧手段を設けた溶接ワイヤ送給ユニット。
IPC (3):
B23K 9/133 501 ,  B23K 9/133 502 ,  B23K 9/12 301
FI (3):
B23K 9/133 501 Z ,  B23K 9/133 502 B ,  B23K 9/12 301 A
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (3)
  • 特開昭54-028747
  • 特開昭54-028747
  • 特開昭54-028747

Return to Previous Page