Pat
J-GLOBAL ID:200903002547592342

押出し成形品

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 深井 敏和
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008210545
Publication number (International publication number):2008273217
Application date: Aug. 19, 2008
Publication date: Nov. 13, 2008
Summary:
【課題】成形品の強度を向上させることができる押出成形装置を提供することである。【解決手段】補強用繊維を含有した成形材料をダイ1の押出孔2から連続的に押し出して、前記成形材料を成形品に成形する押出成形装置であって、前記押出孔2内または押出孔2近傍のダイ1内に成形材料を攪拌するための攪拌手段を設けたものある。攪拌手段としては、押出孔2内またはその近傍のダイ1内に位置し且つ回転するピン5の外周に設けた線材7などが使用される。この押出成形装置により、前記成形材料を成形して成形品を製造する。【選択図】図1
Claim (excerpt):
補強用繊維を含有した押出し成形品であって、前記補強用繊維は、押出し方向に対する50%累積度数の角度が20°以上であり、かつ90%累積度数の角度と10%累積度数の角度との差が40°以上であることを特徴とする押出し成形品。
IPC (1):
B29C 47/00
FI (1):
B29C47/00
F-Term (5):
4F207AB11 ,  4F207AB25B ,  4F207KA01 ,  4F207KA17 ,  4F207KL24
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (2)
  • 特開平4-135737
  • 特開昭57-110429

Return to Previous Page