Pat
J-GLOBAL ID:200903002553186003

多孔質炭素電極基材及びそれを用いた燃料電池

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 宮崎 昭夫 ,  石橋 政幸 ,  緒方 雅昭
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006043953
Publication number (International publication number):2007227009
Application date: Feb. 21, 2006
Publication date: Sep. 06, 2007
Summary:
【課題】多孔質炭素電極基材の燃料電池内部での水分管理機能の発現を容易にし、かつその水分管理機能の平面内での均一性を高くすることができる多孔質炭素電極基材およびそれを用いた燃料電池を提供する。【解決手段】同じ炭素材からなる導電性多孔質基材のうち1枚以上に撥水剤を付与しており、かつ撥水剤の量が異なる前記炭素材からなる導電性多孔質基材の少なくとも2枚を撥水剤量順に積層した多孔質炭素電極基材を用いる。【選択図】図2
Claim (excerpt):
同じ炭素材からなる導電性多孔質基材のうち1枚以上に撥水剤を付与しており、かつ撥水剤の量が異なる前記炭素材からなる導電性多孔質基材の少なくとも2枚を撥水剤量順に積層したことを特徴とする多孔質炭素電極基材。
IPC (3):
H01M 4/96 ,  H01M 8/10 ,  H01M 8/02
FI (3):
H01M4/96 H ,  H01M8/10 ,  H01M8/02 E
F-Term (13):
5H018AA06 ,  5H018AS02 ,  5H018AS03 ,  5H018DD06 ,  5H018EE05 ,  5H018EE18 ,  5H018EE19 ,  5H018HH05 ,  5H026AA06 ,  5H026CX03 ,  5H026EE05 ,  5H026EE19 ,  5H026HH05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1) Cited by examiner (2)

Return to Previous Page