Pat
J-GLOBAL ID:200903002591633935

害虫防除材

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 原 謙三
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001249660
Publication number (International publication number):2002060305
Application date: Oct. 31, 1994
Publication date: Feb. 26, 2002
Summary:
【要約】【課題】 すべての防除対象領域で害虫に薬剤を作用させることができるとともに、害虫を十分薬剤に暴露させることができ、また、処理領域に薬剤を長期間残留させることができる害虫防除材を提供する。【解決手段】 害虫防除材は、水分によって容易にほぐれる薬剤含有紙に、哺乳動物には有害作用を示さず、ハエ等の害虫に対して防除効果を有する薬剤が含有されて構成されている。薬剤は、1-エチニル-2-メチル-2-ペンテニルクリサンテマート、2-メチル-4-オキソ-3-(2-プロペニル)シクロペント-2-エニル-2,2,3,3-テトラメチルシクロプロパンカルボキシラート、または、2,3,5,6-テトラフルオロ-4-メチルベンジル-3-(2,2-ジクロロビニル)-2,2-ジメチルシクロプロパンカルボキシラートが好適である。害虫防除材1...は、糞4の山のすそ野4aが形成される部分に敷かれる。
Claim (excerpt):
害虫の棲息する、水分を有する場所に処理され、哺乳動物には有害作用を示さず、害虫に対して防除効果を有する薬剤を含有する害虫防除材において、水分によって容易にほぐれる薬剤含有紙に上記薬剤が含有されていることを特徴とする害虫防除材。
IPC (4):
A01N 43/40 101 ,  A01N 25/00 101 ,  A01N 53/02 ,  A01N 53/06
FI (5):
A01N 43/40 101 E ,  A01N 25/00 101 ,  A01N 53/00 502 A ,  A01N 53/00 502 C ,  A01N 53/00 506 Z
F-Term (10):
4H011AC02 ,  4H011BA01 ,  4H011BB15 ,  4H011BC19 ,  4H011DA07 ,  4H011DB02 ,  4H011DB08 ,  4H011DE14 ,  4H011DF05 ,  4H011DH10
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
  • 特開平4-082804
  • 害虫防除材および害虫防除方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平6-267687   Applicant:ヤシマ産業株式会社, 住化ライフテク株式会社
  • 特開平4-082804
Show all

Return to Previous Page