Pat
J-GLOBAL ID:200903002609050878

ガスグリル

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 上野 登
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000307222
Publication number (International publication number):2002112897
Application date: Oct. 06, 2000
Publication date: Apr. 16, 2002
Summary:
【要約】【課題】 グリル庫内の燃焼熱の漏洩を抑制することでグリル庫内の燃焼効率を向上させると共に、グリル庫構造を簡略化しガスグリルの有用性を高めること。【解決手段】 グリル庫12の前面上部をグリル前面部36により密閉すると共に、該グリル庫12前面部の下部に該グリル庫内の被調理物Fを出し入れする開口部60を有し、該開口部60に開閉扉が設けられ、グリル庫12内のバーナの燃焼廃ガスや被調理物の煙等はグリル庫12後方に設けられた連通口24から排気ダクト26に導かれる排気経路のみから排出されるようにする
Claim (excerpt):
グリル庫の上部内壁面に該グリル庫内の焼網上に載置される被調理物を加熱調理するためのバーナを備え、該バーナの燃焼廃ガスや被調理物から発生する煙等を排出する排気ダクトが前記グリル庫の奥行部の隔壁に開設される連通口を介して設けられたガスグリルにおいて、前記グリル庫の前面上部をグリル前面部により密閉すると共に、該グリル庫前面部の下部に該グリル庫内の被調理物を出し入れする開口部を有し、該開口部に開閉扉が設けられていることを特徴とするガスグリル。
IPC (2):
A47J 37/06 366 ,  F24C 15/16
FI (3):
A47J 37/06 366 ,  F24C 15/16 G ,  F24C 15/16 Y
F-Term (11):
4B040AA03 ,  4B040AA08 ,  4B040AB03 ,  4B040AC02 ,  4B040AD04 ,  4B040CA02 ,  4B040CA15 ,  4B040CB20 ,  4B040GA06 ,  4B040GA11 ,  4B040GD04
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (3)
  • グリル
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-321820   Applicant:パロマ工業株式会社
  • グリル装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-009588   Applicant:リンナイ株式会社
  • グリルの延焼防止機構を備えたガス調理機器
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-196667   Applicant:タカラスタンダード株式会社

Return to Previous Page