Pat
J-GLOBAL ID:200903002610349097

映像信号処理装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 佐藤 隆久
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991274513
Publication number (International publication number):1993091466
Application date: Sep. 26, 1991
Publication date: Apr. 09, 1993
Summary:
【要約】【目的】 ハイビジョン用ビデオテープの記録フォーマット内のビデオ信号記録部分のうち,ビデオ信号が記録されない予備部分に高速サーチ用映像信号を記録して有効活用を図る。【構成】 輝度信号YはAD変換器2でディジタル信号に変換後,スイッチング回路101を介してエンコーダ103でエンコードされて,DA変換器10でアナログ信号に変換され,回転ドラム25でビデオカセットテープに記録される。輝度信号Yは所定の倍速に応じてフレームメモリ107に記憶され,ビデオ信号記録部分VIDEOのうちの上記輝度信号Yを記録した残りの予備部分に記録される。予備部分は各トラックあたり5H程度である,高速サーチ用映像信号は複数のセグメントに分散して記録される。CPU109はこの記録の制御を行う。この記録処理に対応して,所定の倍速でビデオカセットテープに記録された高速サーチ用映像信号の再生が行われる。
Claim (excerpt):
ビデオテープの映像信号記録領域の予備領域に高速サーチ用映像信号を記録する回路を設けたことを特徴とする映像信号記録装置。
IPC (5):
H04N 5/92 ,  G11B 20/12 103 ,  G11B 27/10 ,  H04N 5/783 ,  H04N 5/91

Return to Previous Page