Pat
J-GLOBAL ID:200903002642403778

ジャイロスコープの駆動検出装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 野▲崎▼ 照夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999149806
Publication number (International publication number):2000337881
Application date: May. 28, 1999
Publication date: Dec. 08, 2000
Summary:
【要約】【課題】 従来は1つの振動子に6つの電極を形成する構成であったため、製造工程が複雑であり、また十分な誘電分極を施すことができなかった。【解決手段】 振動子10u,10vおよび10vの表面および裏面に一対の電極を長手方向に形成し、誘電分極を表面から裏面方向に施す。中央の振動子10vの検出電極11c,11dに演算増幅器からなるI/V変換手段20,21を接続すると、検出電極11c,11dはI/V変換手段20,21のイマジナリーショートを介して基準電位Vrefに接地できるため、従来のアース電極なしにジャイロスコープを振動させることができる。よって、振動子の電極の数を減らすことができ、駆動電極間又は検出電極間の間隔寸法を確保できるため、高電圧を印加したときに十分な誘電分極を施すことができる。
Claim 1:
一方の面に長手方向に延設された一対の駆動電極と他方の面に長手方向に延設された一対の検出電極とを有し、前記一方の面と他方の面の間において一方向に誘電分極された少なくとも一つ以上の振動子からなるジャイロスコープの駆動検出装置であって、前記一対の駆動電極に互いに逆相となる駆動信号を与える駆動系と、前記一対の検出電極から検出される各電流出力を電圧出力にそれぞれ変換する一対のI/V変換手段および前記各I/V変換手段の各電圧出力どうしを加算する加算手段とを備えた検出系とから成ることを特徴とするジャイロスコープの駆動検出装置。
IPC (2):
G01C 19/56 ,  G01P 9/04
FI (2):
G01C 19/56 ,  G01P 9/04
F-Term (6):
2F105AA02 ,  2F105BB15 ,  2F105CC01 ,  2F105CD02 ,  2F105CD06 ,  2F105CD11

Return to Previous Page