Pat
J-GLOBAL ID:200903002658955428

油性スカムの処理方法及び油性スカム処理装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006287167
Publication number (International publication number):2008106949
Application date: Oct. 23, 2006
Publication date: May. 08, 2008
Summary:
【課題】熱エネルギー的に有利に油性スカムを焼却処理することのできる油性スカムの処理方法及びスカム処理装置を提供する。【解決手段】油性スカムを燃料油で焼却する油性スカムの処理方法であって、油性スカムと燃料油を微細混合した後、直ちに焼却する油性スカムの処理方法と、燃料油供給手段、油性スカム供給手段、燃料油及び油性スカムの加温手段、油性スカムと燃料油の混合手段からなる油性スカム処理装置とする。【選択図】図1
Claim (excerpt):
油性スカムを燃料油で焼却する油性スカムの処理方法であって、油性スカムと燃料油を微細混合した後、直ちに焼却することを特徴とする油性スカムの処理方法。
IPC (4):
F23G 7/04 ,  C02F 11/00 ,  C02F 11/06 ,  F23G 5/02
FI (4):
F23G7/04 601J ,  C02F11/00 K ,  C02F11/06 A ,  F23G5/02 D
F-Term (12):
3K065AA24 ,  3K065AB01 ,  3K065AC02 ,  3K065BA05 ,  3K065BA09 ,  3K065CA04 ,  4D059AA10 ,  4D059BB01 ,  4D059BB06 ,  4D059BJ01 ,  4D059CA10 ,  4D059DB40
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)

Return to Previous Page