Pat
J-GLOBAL ID:200903002676175480

安全帯用バックル

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003305235
Publication number (International publication number):2005073781
Application date: Aug. 28, 2003
Publication date: Mar. 24, 2005
Summary:
【課題】 従来のバックルは、ソケット本体にタングプレートを挿入した時、ソケット本体とタングプレート間にクリアランスがあり、装着時において上下方向に傾斜した時、故意に上側の操作片だけを押さえると、その操作片の係合突起が外れ、片利き状態になることが判明した。この状態は、故意でないとできないものであり、普通作業者が屈んでバックル上側を腹部で押さえたとしてもバックルカバーが操作片より突出しているため、操作片だけを押さえることは不可能に近いものである。自然な状況においては発生しないものであっても、この様な片利きの危険な状況が発生することは解決しなければならない課題である。【解決手段】 ソケット本体中央部に、タングプレート挿入方向に長溝を設けると共に、タングプレートの中央部に、長溝に対応嵌合する突出部を設け、前記長溝と突出部の嵌合により、タングプレートの操作片方向の傾斜を防止することで解決する。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
ベルト1の一端部に固定したソケット本体2と、他端部に設けソケット本体2に挿入係合するタングプレート3よりなり、ソケット本体2には、バネ5により常時外方向へ回動力が附勢され、タングプレート3との係合突起61を有するロック部材6を一対設け、該ロック部材6の上部に、進入してくるタングプレート3を押し出す方向のバネ7を配した当接材8と、該当接材8に重合したストッパー9を軸23で摺動自在に設けると共に、ロック部材6の係合突起61の先端部には、タングプレート3に設けた係合口33へ嵌入係合する重合片部62を外方向に設け、ソケット本体2とタングプレート3の係合を解く際には、タングプレート3を係合状態よりもさらに押し込み、重合片部62との係合を解いた上で、ケース10外両側へ突出したロック部材6の延長部が形成する両方の操作片63を外方向より内方向へ回動し係合突起61との係合を解きタングプレート3の解放を行う構造の安全帯用バックルにおいてソケット本体2に、タングプレート挿入方向に長溝26を設け、該タングプレート3に、長溝26に対応嵌合する突出部35を設け、タングプレート3を挿入した際には、長溝26に突出部35が嵌合し、タングプレート3の操作片63方向への傾斜を防止したことを特徴とする安全帯用バックル。
IPC (1):
A44B11/25
FI (1):
A44B11/25
F-Term (1):
3B090BD03
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 安全帯用バックル
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2000-191522   Applicant:藤井電工株式会社
  • バックル装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-330817   Applicant:株式会社東海理化電機製作所
Cited by examiner (2)
  • 安全帯用バックル
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2000-191522   Applicant:藤井電工株式会社
  • バックル装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-330817   Applicant:株式会社東海理化電機製作所

Return to Previous Page