Pat
J-GLOBAL ID:200903002688062797

水系分散体およびこれを用いた水系塗料用樹脂組成物

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991195909
Publication number (International publication number):1993017682
Application date: Jul. 09, 1991
Publication date: Jan. 26, 1993
Summary:
【要約】【目的】 高度の折り曲げ加工性、耐コインスクラッチ性、耐食性に優れた皮膜形成能を有するポリウレタン系水系分散体および水系塗料を提供する。【構成】 50当量/106 g以上の酸価と300〜5,000当量/106 gのウレタン結合濃度のポリウレタン樹脂(A)、水溶性有機化合物(B)、水(C)および中和剤(D)が下記式2)〜4)を満足する水系分散体及びこれを用いた水系塗料用組成物。 式2) A/B/C=1〜70/0〜69/9〜99 (重量比) 式3) B/(B+C)=0〜0.7 (重量比) 式4) D/(Aの酸価)=0.1〜20 (当量比)
Claim (excerpt):
(A)酸成分のうちの20〜100モル%が芳香族ジカルボン酸であるポリエステルジオール(a)、有機ジイソシアネート化合物(b)および必要により分子量500未満の鎖延長剤(c)を式1)に示す割合で反応させたウレタン基濃度が300〜5,000当量/106 g、還元粘度が0.2〜1.5dl/g、かつ酸価が50当量/106 g以上であるポリウレタン樹脂、(B)沸点が250°C以下の水溶性有機化合物、(C)水、および(D)中和剤を含み、かつ(A)、(B)、(C)および(D)が式2)、3)および4)の配合比を満足することを特徴とする水系分散体。 式1) 0.8<(b)/((a)+(c))≦1 (当量比) 式2) A/B/C=1〜70/0〜69/9〜99 (重量比) 式3) B/(B+C)=0〜0.7 (重量比) 式4) D/(Aの酸価)=0.1〜20 (当量比)
IPC (4):
C08L 75/06 NFZ ,  C09D 5/02 ,  C09D175/06 PHQ ,  C09D175/06 PHW
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開昭57-165420
  • 特開平4-178418

Return to Previous Page