Pat
J-GLOBAL ID:200903002699217334

連続鋳造用のモールド銅板およびその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 杉村 興作
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003019801
Publication number (International publication number):2004001073
Application date: Jan. 29, 2003
Publication date: Jan. 08, 2004
Summary:
【課題】実際の連続鋳造に供した場合であっても、モールド銅板基材との密着性が高く、かつ耐摩耗性に優れた表面被覆層を有する、連続鋳造用のモールド銅板を提供する。【解決手段】モールド銅板基材の表面に、金属群Ti,Cr,Ni,B,SiおよびAlのうちから選んだ一種または二種以上の金属からなる最内層と、上記最内層の上に形成された、上記金属群から選んだ一種または二種以上の金属の窒化物、炭化物または炭・窒化物からなる層と、上記金属群から選んだ一種または二種以上の金属からなる層とが、交互に一組以上積層された中間層と、上記中間層の上に形成された、上記金属群から選んだ一種または二種以上の金属の窒化物、炭化物または炭・窒化物からなる最外層とを、それぞれ設ける。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
溶融金属を連続鋳造するためのモールド銅板であって、 銅製または銅合金製の板材からなる基材と、 上記基材の表面に設けられた被覆層とを有し、 上記被覆層が、 金属群Ti,Cr,Ni,B,SiおよびAlのうちから選んだ一種または二種以上の金属からなる最内層と、 上記最内層の上に形成された、上記金属群から選んだ一種または二種以上の金属の窒化物、炭化物または炭・窒化物からなる層と、上記金属群から選んだ一種または二種以上の金属からなる層とが、交互に一組以上積層された中間層と、 上記中間層の上に形成された、上記金属群から選んだ一種または二種以上の金属の窒化物、炭化物または炭・窒化物からなる最外層とからなる ことを特徴とする連続鋳造用のモールド銅板。
IPC (4):
B22D11/059 ,  C23C14/06 ,  C23C14/14 ,  C23C14/16
FI (8):
B22D11/059 110A ,  B22D11/059 110H ,  B22D11/059 110Z ,  C23C14/06 N ,  C23C14/14 A ,  C23C14/14 B ,  C23C14/14 D ,  C23C14/16 A
F-Term (19):
4E004AB01 ,  4E004AB08 ,  4E004AB10 ,  4E004NC02 ,  4K029AA02 ,  4K029AA24 ,  4K029BA03 ,  4K029BA07 ,  4K029BA12 ,  4K029BA17 ,  4K029BA33 ,  4K029BA35 ,  4K029BA54 ,  4K029BA55 ,  4K029BA56 ,  4K029BA58 ,  4K029BA59 ,  4K029BA60 ,  4K029BB02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
  • 特開昭56-086656
  • 耐久性に優れた連続鋳造用鋳型
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-042164   Applicant:株式会社神戸製鋼所
  • 特開昭62-227554
Show all

Return to Previous Page