Pat
J-GLOBAL ID:200903002745076503

水素吸蔵合金

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 奥山 尚男 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998316161
Publication number (International publication number):1999217641
Application date: Nov. 06, 1998
Publication date: Aug. 10, 1999
Summary:
【要約】【課題】 低温時に効果のあるNi- 水素蓄電池用の負電極として好適な水素吸蔵合金を提供することにある。【解決手段】 La- Ni系水素吸蔵金において、水素吸蔵合金中のMgの含有量が50〜500ppmであるとともに、一般式RNia Cob Alc Md で表され、Rは77重量%以上のLaと23重量%以下のLa以外の一種以上の希土類金属とを有する混合物からなり、Mは、Fe、Cr、Cu、Mnからなる一群から選ばれる一種以上の金属からなり、a〜dは所定の範囲の正の数を表す水素吸蔵合金のより達成される。また、さらに上記合金中に微量のTi、Pb、酸素、炭素、硫黄を含有させることに達成される。
Claim (excerpt):
一般式R(Ni)a(Co)b(Al)c(M)d(式中、Rは、77重量%以上のLaと、23重量%以下のLa以外の一種以上の希土類金属とを有する混合物を表す。Mは、Fe、Cr、Cu、Mnからなる一群から選ばれる一種以上の金属を表す。a〜dは、Rに対するモル比を表す正の数であり、3.0≦a≦4.5;0.3≦b≦1.0;0 IPC (2):
C22C 19/00 ,  H01M 4/38
FI (2):
C22C 19/00 F ,  H01M 4/38 A

Return to Previous Page