Pat
J-GLOBAL ID:200903002748820742

光プリンタヘッドの光量補正方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000160574
Publication number (International publication number):2001341343
Application date: May. 30, 2000
Publication date: Dec. 11, 2001
Summary:
【要約】【課題】画像のコントラストを良好に調整して階調を正確に表現することができる光プリンタヘッドの光量補正方法を提供する。【解決手段】多数の回路配線が被着されている回路基板上に、直線状に配列した多数の発光素子及び該発光素子に電気的に接続される多数の端子電極を有する発光素子アレイチップを載置させるとともに、前記回路配線と前記端子電極とをボンディングワイヤを介して接続させてなる光プリンタヘッドの各発光素子の光量を補正する光プリンタヘッドの光量補正方法であって、前記発光素子を少なくとも1個ずつ発光させ、その直接光b1の光量と前記ボンディングワイヤでの反射光b2の光量とを測定するとともに、該測定した直接光b1及び反射光b2の光量を1:0.6乃至1:0.7の比率で重み付け加算することにより得られる補正光量に応じて各発光素子への印加電力を調整する。
Claim (excerpt):
多数の回路配線が被着されている回路基板上に、直線状に配列した多数の発光素子及び該発光素子に電気的に接続される多数の端子電極を有する発光素子アレイチップを載置させるとともに、前記回路配線と前記端子電極とをボンディングワイヤを介して接続させてなる光プリンタヘッドの各発光素子の光量を補正する光プリンタヘッドの光量補正方法であって、前記発光素子を少なくとも1個ずつ発光させて、その直接光b1の光量と前記ボンディングワイヤでの反射光b2の光量とを測定するとともに、該測定した直接光b1及び反射光b2の光量を1:0.6乃至1:0.7の比率で重み付け加算することにより得られる補正光量に応じて各発光素子に印加される電力の大きさを調整することを特徴とする光プリンタヘッドの光量補正方法。
IPC (3):
B41J 2/44 ,  B41J 2/45 ,  B41J 2/455
F-Term (9):
2C162AE28 ,  2C162AF21 ,  2C162AF70 ,  2C162AF84 ,  2C162AH54 ,  2C162FA04 ,  2C162FA17 ,  2C162FA45 ,  2C162FA50

Return to Previous Page