Pat
J-GLOBAL ID:200903002768857774

魚釣用スピニングリール

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 横田 実久
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000234160
Publication number (International publication number):2002045095
Application date: Aug. 02, 2000
Publication date: Feb. 12, 2002
Summary:
【要約】【課題】 魚釣用スピニングリールの摺動子とスプール軸とを装着した状態でリール本体に着脱できるようにして組込み作業及び分解作業を熟練を必要とせず容易かつ迅速に行い作業能率を向上する。【解決手段】 リール本体2に摺動子8を装着したままのスプール軸7を引抜き着脱できるようにその前部軸受部の支持部9又はリール本体2の後側縁に引抜き用切欠部14又は14′を設け、摺動子8と共にスプール軸7をリール本体2に対して着脱してリール本体2内での摺動子8の着脱による作業の低下を防止する。
Claim (excerpt):
先端部にスプールを設けかつピニオンの両側においてリール本体内に設けた前後の支持部で支持されたスプール軸の後端部に摺動子を設け、該摺動子をハンドル軸と連動するオシレート機構で作動して前記スプール軸を前後動するようにした魚釣用スピニングリールにおいて、前記摺動子を装着したままのスプール軸をリール本体に設けた引抜き用の切欠部を介して着脱可能に形成したことを特徴とする魚釣用スピニングリール。
FI (2):
A01K 89/01 G ,  A01K 89/01 A
F-Term (2):
2B108BA09 ,  2B108BH04
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
  • 特公平3-008182
  • 魚釣用スピニングリール
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-189153   Applicant:ダイワ精工株式会社
  • スピニングリール
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-135221   Applicant:マミヤ・オーピー株式会社
Show all

Return to Previous Page