Pat
J-GLOBAL ID:200903002771125172

給湯機リモコン

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 岩橋 文雄 ,  坂口 智康 ,  内藤 浩樹
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003357688
Publication number (International publication number):2005121314
Application date: Oct. 17, 2003
Publication date: May. 12, 2005
Summary:
【課題】給湯機の運転がOFFの時は、ふろの温度設定や、湯量設定、給湯温度設定が行えないようにする。【解決手段】コンテンツ画面などを表示する表示手段2と、操作を行うための入力手段4と、前記入力手段からの情報、設定情報、表示情報などを演算処理する制御手段6と、ふろの湯温や湯量やふろの自動予約に関する設定を行う、設定値変更手段8と、給湯機の運転のON/OFFを行う運転切替え手段3を有し、これによって、給湯機の運転OFF中は、利用者がふろ設定の操作が行えないようにできるので、利用者が、設定を変更していたことを忘れて、実際に思っていたより熱い湯が出たり、思っていたふろの湯量とは違った湯量が浴槽に貯まっているといった不具合の発生を低減させることができる。【選択図】図2
Claim (excerpt):
コンテンツ画面などを表示する表示手段と、操作を行うための入力手段と、前記入力手段からの情報、設定情報、表示情報などを演算処理する制御手段と、ふろの湯温や湯量やふろの自動予約に関する設定を行う設定値変更手段と、給湯機の運転のON/OFFの切替えを行う運転切替え手段とを有し、前記制御手段は、利用者が、前記設定値変更手段によってふろの湯温や湯量やふろの自動予約などふろの設定中に、前記運転切替え手段によって運転中の給湯機を運転OFFにすると、前記ふろ設定の操作を不可にすることを特徴とする、給湯機リモコン。
IPC (1):
F24H1/00
FI (2):
F24H1/00 602W ,  F24H1/00 602Y
F-Term (4):
3L024CC06 ,  3L024EE02 ,  3L024FF15 ,  3L024FF16
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 実開平7-11081号公報
Cited by examiner (1)

Return to Previous Page