Pat
J-GLOBAL ID:200903002833701159

連結装置、ステント移植皮弁および移植体の連結方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 田澤 博昭 ,  加藤 公延 ,  田澤 英昭 ,  濱田 初音
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004294054
Publication number (International publication number):2005111270
Application date: Oct. 06, 2004
Publication date: Apr. 28, 2005
Summary:
【課題】 動脈瘤を修復するために利用可能な連結装置、ステント移植皮弁および移植体の連結方法を提供する。【解決手段】 肉厚の薄い高強度材料から作製されたステント移植皮弁は、より高い耐久性を有しかつより小さな断面を有する内部人工器官を与えるものである。このステント移植皮弁は、超高分子量ポリエチレン等の生体適合性、高張力、耐磨耗性、高耐久性ヤーンの織物、編物あるいは組物によって形成された布で被覆された1つまたはそれ以上のステント部分を含むものである。この1つまたはそれ以上のステント部分は膨張可能バルーンまたは自己膨張型バルーンであってもよい。上記布は任意数の公知材料および技術を利用して上記ステント部分に連結されてもよい。上記布は、この布を連結装置とステント部分の支柱との間に挟むことによって上記布をステント部分の支柱に固定する連結装置を利用してステント部分に連結されてもよい。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
連結装置であって、変形可能で部分的に管状のバンドを含み、このバンドは実質的に可撓性の第1の要素の一部および第2の基体要素の一部を受け入れる長穴を有している、連結装置。
IPC (2):
A61M29/00 ,  A61B17/00
FI (2):
A61M29/00 ,  A61B17/00 320
F-Term (23):
4C060MM25 ,  4C167AA44 ,  4C167AA45 ,  4C167AA47 ,  4C167AA50 ,  4C167AA53 ,  4C167BB02 ,  4C167BB03 ,  4C167BB04 ,  4C167BB05 ,  4C167BB13 ,  4C167BB15 ,  4C167BB18 ,  4C167CC08 ,  4C167DD01 ,  4C167FF05 ,  4C167GG06 ,  4C167GG24 ,  4C167GG42 ,  4C167HH02 ,  4C167HH08 ,  4C167HH14 ,  4C167HH17
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (5)
Show all

Return to Previous Page