Pat
J-GLOBAL ID:200903002848961530

負複屈折性ポリマーフィルムの製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 特許業務法人池内・佐藤アンドパートナーズ
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002028066
Publication number (International publication number):2003231143
Application date: Feb. 05, 2002
Publication date: Aug. 19, 2003
Summary:
【要約】【課題】 複屈折率の制御が容易であるとともに、かつ簡便な負複屈折性フィルムの製造方法を提供する。【解決手段】 負複屈折性を有するポリマーフィルムの製造方法であって、フィルム作製時における乾燥温度を調整することによりフィルムの負複屈折率を制御する。ポリマーは、ポリイミドまたはポリエーテルケトンが好適である。
Claim 1:
負複屈折性を有するポリマーフィルムの製造方法であって、フィルム作製時における乾燥温度を調整することによりフィルムの負複屈折率を制御することを特徴とする負複屈折性ポリマーフィルムの製造方法。
IPC (7):
B29C 41/52 ,  B29C 41/12 ,  C08J 5/18 CFG ,  G02B 5/30 ,  B29K 79:00 ,  B29L 7:00 ,  C08L 79:08
FI (7):
B29C 41/52 ,  B29C 41/12 ,  C08J 5/18 CFG ,  G02B 5/30 ,  B29K 79:00 ,  B29L 7:00 ,  C08L 79:08 Z
F-Term (23):
2H049BA02 ,  2H049BA06 ,  2H049BA42 ,  2H049BB42 ,  2H049BC03 ,  2H049BC09 ,  2H049BC22 ,  4F071AA51 ,  4F071AA60 ,  4F071AF31 ,  4F071BA02 ,  4F071BB02 ,  4F071BC01 ,  4F205AA32E ,  4F205AA40 ,  4F205AG01 ,  4F205GA07 ,  4F205GB01 ,  4F205GC06 ,  4F205GF03 ,  4F205GF24 ,  4F205GN21 ,  4F205GN24
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3) Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page