Pat
J-GLOBAL ID:200903002852475925

歯付ベルトの製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997267719
Publication number (International publication number):1999077846
Application date: Sep. 11, 1997
Publication date: Mar. 23, 1999
Summary:
【要約】【課題】 外観形状の正確な歯部を出現させるとともに加硫したベルトスリーブの両端部から切断した歯部に残留する空気を除去した歯付ベルトの製造方法を提供することにある。【解決手段】 歯付ベルトの製造方法において、円筒状帆布1をモールド11に装着する工程と、モールド溝部12の容積もしくはそれ以下の容積に相当する厚さをもった未加硫ゴムシート17をこの上に巻き付ける工程と、円筒状帆布1と未加硫ゴムシート17を巻き付けたモールド11を加熱加圧して、円筒状帆布1と未加硫ゴムシート17をモールド溝部12に圧入する工程と、心線21をスピニングし、更にこの上に背部を形成する未加硫ゴムシート24を積層し、そしてこれらの未加硫ゴムを一体的に加硫成型してベルトスリーブを作製する工程からなる。
Claim 1:
長さ方向に沿って所定間隔で設けた歯部とその反対側に設けた背部との間に心線を埋設し、該歯部の表面に帆布を被覆した歯付ベルトの製造方法において、円筒状帆布をモールドに装着する工程と、モールド溝部の容積もしくはそれ以下の容積に相当する厚さをもった未加硫ゴムシートをこの上に巻き付ける工程と、円筒状帆布と未加硫ゴムシートを巻き付けたモールドを加熱加圧して、該円筒状帆布と未加硫ゴムシートをモールド溝部に圧入する工程と、心線をスピニングし、更にこの上に背部を形成する未加硫ゴムシートを積層し、そしてこれらの未加硫ゴムを一体的に加硫成型してベルトスリーブを作製する工程、からなることを特徴とする歯付ベルトの製造方法。
IPC (6):
B29D 29/08 ,  B29C 43/52 ,  F16G 1/28 ,  B29K 21:00 ,  B29K105:08 ,  B29L 29:00
FI (3):
B29D 29/08 ,  B29C 43/52 ,  F16G 1/28 Z
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • 特公平3-018821
  • 特開平3-150141
  • 特開平3-126533
Cited by examiner (3)
  • 特公平3-018821
  • 特開平3-150141
  • 特開平3-126533

Return to Previous Page