Pat
J-GLOBAL ID:200903002856301980

電波探知装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 高橋 省吾 ,  稲葉 忠彦 ,  村上 加奈子 ,  中鶴 一隆
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006186594
Publication number (International publication number):2008014812
Application date: Jul. 06, 2006
Publication date: Jan. 24, 2008
Summary:
【課題】 広帯域の受信帯域範囲を有する受信機を用いずに、複数の受信機の受信帯域範囲にまたがる周波数広帯域のパルス圧縮電波を送信した電波発射源を特定する。【解決手段】 少なくとも2つの受信装置に共通のサンプリングクロックを供給して各受信装置の同期を制御し、これら各受信装置よりそれぞれ検出されたパルス圧縮信号のパルス内の周波数データをそのサンプリング時刻の若い順に並べ替えて一の合成パルスデータを生成し、この一の合成パルスデータの下限周波数、上限周波数及び周波数の時間変化を検出して前記各受信装置の受信帯域範囲にまたがる周波数帯域を有するパルス圧縮電波を検出する。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
受信したパルス圧縮電波のパルス内の周波数データをそれぞれ検出する少なくとも2つの受信装置と、これら2つの受信装置に共通のサンプリングクロックを供給して各受信装置の同期を制御する同期制御部と、この同期制御部により制御された前記受信装置によりそれぞれ検出されたパルス圧縮信号のパルス内の周波数データをそのサンプリング時刻の若い順に並べ替え、一の合成パルスデータとして出力する合成処理部と、この合成処理部から出力された前記一の合成パルスデータの下限周波数、上限周波数及び周波数の時間変化を検出し、前記各受信装置の受信帯域範囲にまたがる周波数帯域を有するパルス圧縮電波を検出する信号検出部と、この信号検出部により検出された前記各受信装置の受信帯域範囲にまたがる周波数帯域を有するパルス圧縮電波の周波数情報を表示する表示手段とを備えた電波探知装置。
IPC (2):
G01S 7/292 ,  G01S 13/28
FI (2):
G01S7/292 Z ,  G01S13/28 A
F-Term (5):
5J070AA02 ,  5J070AD06 ,  5J070AE04 ,  5J070AH35 ,  5J070AK22
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (7)
  • パルス圧縮レーダシステム
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-000314   Applicant:株式会社東芝
  • 受信装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平11-078481   Applicant:株式会社東芝
  • レーダ装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-294843   Applicant:株式会社東芝
Show all
Cited by examiner (5)
  • 受信装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平11-078481   Applicant:株式会社東芝
  • レーダ装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-294843   Applicant:株式会社東芝
  • 符号変調パルス圧縮方式及び符号変調パルス圧縮方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2004-141373   Applicant:三菱電機株式会社
Show all

Return to Previous Page