Pat
J-GLOBAL ID:200903002886071424

フューエルパルセーションダンパー

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 池田 宏
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999110304
Publication number (International publication number):2000303932
Application date: Apr. 19, 1999
Publication date: Oct. 31, 2000
Summary:
【要約】【目的】 ダイヤフラムを極めて正確に且つ簡単に規定位置にセットするとともにダイヤフラムの作動性を良好に維持することのできるフューエルパルセーションダンパーを提供する。【構成】 上側ハウジング1と下側ハウジング2との間に挟持されるダイヤフラム3によって上側ハウジング側にスプリング室4が形成され、下側ハウジング側に受圧室5が区分形成される。ダイヤフラム3は、スプリング室4内に縮設されるスプリング7によって受圧室5側へ付勢される。下側ハウジング2は下方に向かって開口部2Cを介して開口するとともに開口部2C内に固定配置される規制部材10の上端面10Dをダイヤフラム3と一体形成されるリテーナ6の下面6Fに当接することによってダイヤフラム3を規定位置にセットする。
Claim (excerpt):
上側ハウジングと下側ハウジングとの間に挟持されるダイヤフラムによって上側ハウジング側にスプリング室が形成され、下側ハウジング側に受圧室が区分形成され、スプリング室内に縮設されるスプリングによってダイヤフラムが受圧室側へ付勢されるフューエルパルセーションダンパーにおいて、下側ハウジング2は、下方に向かって開口部2Cを介して開口するとともに開口部2C内に固定配置される規制部材10の上端面10Dを、ダイヤフラム3と一体形成されるリテーナ6の下面6Fに当接することによってダイヤフラム3を規定位置にセットしてなるフューエルパルセーションダンパー。
IPC (3):
F02M 55/02 310 ,  F02M 37/00 ,  F02M 55/00
FI (3):
F02M 55/02 310 C ,  F02M 37/00 D ,  F02M 55/00 E
F-Term (11):
3G066AA01 ,  3G066AB02 ,  3G066BA12 ,  3G066BA22 ,  3G066BA28 ,  3G066BA56 ,  3G066BA57 ,  3G066BA58 ,  3G066BA61 ,  3G066CB18 ,  3G066CD04

Return to Previous Page