Pat
J-GLOBAL ID:200903002892285495

記録テープカートリッジ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 中島 淳 ,  加藤 和詳 ,  西元 勝一 ,  福田 浩志
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004104420
Publication number (International publication number):2005056544
Application date: Mar. 31, 2004
Publication date: Mar. 03, 2005
Summary:
【課題】 不使用時にリールがケース内でガタつくことを防止または抑止することができる記録テープカートリッジを得る。【解決手段】 記録テープカートリッジ10では、不使用時には、リールロック部材64がロック位置に位置し、該リールロック部材64のストッパ部74がリール28の上端とケース12の天板14Aとの間に形成されるリール軸線方向の隙間を埋めることで、リール28は上下方向の移動が規制される。ドライブ装置がクラッチ部材88を上方に押上操作すると、リールロック部材62は、ストッパ部74を上記隙間から抜け出させるロック解除位置に移動する。【選択図】 図2
Claim (excerpt):
ケース内に収容され、軸心部に設けられた円筒状のハブの外周部に記録テープを巻き回したリールと、 前記ケース内に設けられ、前記ケースと前記リールとの間の該リールの軸線方向における隙間を埋めるロック位置と、前記隙間から抜け出すロック解除位置とを取り得るロック部材と、 前記ケース内に設けられ、ドライブ装置によって所定の方向に操作されて前記ロック位置に位置する前記ロック部材を前記ロック解除位置に移動させる切替部材と、 を備えた記録テープカートリッジ。
IPC (1):
G11B23/107
FI (1):
G11B23/107
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (8)
  • 特開昭63-251983号公報
  • 特許第3187022号明細書
  • リールばねの装着状態検査方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-179965   Applicant:富士写真フイルム株式会社
Show all
Cited by examiner (1)
  • テープカセット
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-070463   Applicant:日本ビクター株式会社

Return to Previous Page