Pat
J-GLOBAL ID:200903002948979282

開閉システム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 工藤 宣幸
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003132906
Publication number (International publication number):2004332483
Application date: May. 12, 2003
Publication date: Nov. 25, 2004
Summary:
【課題】開閉システムの利便性を、より高める。【解決手段】所定の軌道上で開閉体を移動することで開閉動作を行う開閉システムにおいて、前記軌道上に設定された所定の基準位置に開閉体が移動したことを検出する移動検出手段と、前記開閉体の移動の妨げになる物体の存否を検査するための物体存否検査手段と、前記基準位置の設定に応じて、前記物体存否検査手段による検査を制御する物体存否検査制御手段とを備える。また、この構成において、前記移動検出手段が所定の推測方法で開閉体の軌道上における位置を推測する位置推測部を備えることも好ましい。さらに、前記物体存否検査手段が、前記軌道の周辺に配置され、前記物体を感知するセンサ部を備えることも好ましい。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
所定の軌道上で開閉体を移動することで開閉動作を行う開閉システムにおいて、 前記軌道上に設定された所定の基準位置に開閉体が移動したことを検出する移動検出手段と、 前記開閉体の移動の妨げになる物体の存否を検査するための物体存否検査手段と、 前記基準位置の設定に応じて、前記物体存否検査手段による検査を制御する物体存否検査制御手段とを備えたことを特徴とする開閉システム。
IPC (1):
E06B9/84
FI (1):
E06B9/84 D

Return to Previous Page