Pat
J-GLOBAL ID:200903002950320905

チューナの段間結合回路

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 岡田 和秀
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992018952
Publication number (International publication number):1993218810
Application date: Feb. 04, 1992
Publication date: Aug. 27, 1993
Summary:
【要約】【目的】 ゲイン、雑音指数を劣化させることなく、相互変調妨害特性を向上させることを目的とする。【構成】 段間同調回路と混合回路との間に、容量素子を直列に接続してなるチューナの段間結合回路において、前記容量素子に直列に、信号減衰用抵抗を接続している。
Claim 1:
段間同調回路と混合回路との間に、容量素子を直列に接続してなるチューナの段間結合回路において、前記段間同調回路からの高周波信号を減衰させる信号減衰用抵抗を、前記容量素子に直列に接続したことを特徴とするチューナの段間結合回路。
IPC (2):
H03J 5/24 ,  H04N 5/44
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (3)
  • 特開昭62-234427
  • 特開平2-285697
  • 特開昭55-006967

Return to Previous Page