Pat
J-GLOBAL ID:200903002977019360

インクジェット用顔料インクの製造方法及びインクジェット用顔料インク

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 近藤 利英子 ,  吉田 勝広
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005360764
Publication number (International publication number):2007161899
Application date: Dec. 14, 2005
Publication date: Jun. 28, 2007
Summary:
【課題】良好なインクジェット吐出特性を示し、保存安定性に優れ、インクの粘度の増大が抑制された高速印字時に問題のない顔料インクを得ることができるインクジェット用顔料インクの製造方法を提供すること。【解決手段】曇点を有する分散樹脂で顔料が分散されてなる顔料分散液を曇点以上の温度で加熱処理する工程を少なくとも有することを特徴とするインクジェット用顔料インクの製造方法、及び該方法によって得られたインク。【選択図】なし
Claim (excerpt):
曇点を有する分散樹脂で顔料が分散されてなる顔料分散液を曇点以上の温度で加熱処理する工程を少なくとも有することを特徴とするインクジェット用顔料インクの製造方法。
IPC (3):
C09D 11/00 ,  B41M 5/00 ,  B41J 2/01
FI (3):
C09D11/00 ,  B41M5/00 E ,  B41J3/04 101Y
F-Term (26):
2C056EA13 ,  2C056FC02 ,  2H186FA18 ,  2H186FA20 ,  2H186FB11 ,  2H186FB15 ,  2H186FB16 ,  2H186FB17 ,  2H186FB25 ,  2H186FB29 ,  2H186FB48 ,  2H186FB54 ,  4J039AD06 ,  4J039AD17 ,  4J039BC07 ,  4J039BC12 ,  4J039BC33 ,  4J039BC60 ,  4J039BE01 ,  4J039BE02 ,  4J039BE12 ,  4J039BE22 ,  4J039CA06 ,  4J039EA42 ,  4J039EA44 ,  4J039GA24
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 米国特許第5,085,698号明細書

Return to Previous Page