Pat
J-GLOBAL ID:200903003015047490

原子力発電所の換気空調設備

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 三谷 惠
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001345578
Publication number (International publication number):2003149372
Application date: Nov. 12, 2001
Publication date: May. 21, 2003
Summary:
【要約】【課題】 取入外気量の低減を図り、機器設備の容量・プロセス量(ユーティリティ量)を低減して設備費、運転費の削減を促進し、さらに原子力発電所内の設備の発錆や給気ケーシングの発錆による点検・補修作業の軽減を図ることができる原子力発電所の換気空調設備を提供することである。【解決手段】 原子力発電所に供される換気空調設備において、外気を取り入れる給気ケーシング2の入口端部に設けられるルーバ1のウイング1aが、外気流を受ける下流側端面に外気流の流れ方向に対して垂直に形成された縁を設けている。
Claim (excerpt):
原子力発電所の建物外部から外気を取り入れ建物内部に外気を供給するための給気ケーシングと、前記給気ケーシングの入口端部に設けられ外気流を受ける下流側端面に外気流の流れ方向に対して垂直に縁が形成されたウイングを有するルーバと、前記給気ケーシング内の前記ルーバの下流側に設けられ異物を取り除くためのフィルターと、前記給気ケーシング内の前記フィルタの下流側に設けられ取り入れられた外気を冷却水で冷却するための給気冷却コイルと、前記給気冷却コイルの下流側に設けられ前記給気冷却コイルで冷却された外気を建物内部に供給する送風機とを備えたことを特徴とする原子力発電所の換気空調設備。
IPC (2):
G21C 13/00 ,  F24F 7/06
FI (2):
F24F 7/06 Q ,  G21C 13/00 E
F-Term (4):
3L058BD00 ,  3L058BE02 ,  3L058BE08 ,  3L058BG03

Return to Previous Page