Pat
J-GLOBAL ID:200903003017416825

溶融金属の流動制御装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 杉信 興
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996166227
Publication number (International publication number):1998005946
Application date: Jun. 26, 1996
Publication date: Jan. 13, 1998
Summary:
【要約】【課題】 溶融金属流の淀みの消去。【解決手段】 鋳型辺の一辺5Fに沿うy方向に分布する複数個のスロットを有する電磁石コア10Fと、各スロットにそれぞれが挿入された複数個の電気コイルを1グル-プとするy方向に分布した複数グル-プ#AF,#BFの電気コイルを含むリニアモ-タLMF;第1グル-プ#AFに、第1移動磁界Fafを発生するための多相交流電圧を通電する第1電源回路20B;第1グル-プ#AFと隣り合う第2グル-プ#BFに、第1移動磁界Fafと同方向の移動磁界Fbfを発生するための多相交流電圧を通電する第2電源回路20A;および、第1電源回路20Bの多相交流電圧の周波数FdcB2と、第2電源回路20Bの周波数FdcA1との間の周波数差ΔFdcを設定する手段32B2;を備える。
Claim (excerpt):
溶融金属を取り囲む鋳型辺の一辺に沿うy方向に分布する複数個のスロットを有する電磁石コアと、各スロットにそれぞれが挿入された複数個の電気コイルを1グル-プとするy方向に分布した複数グル-プの電気コイルを含むリニアモ-タ;第1グル-プの電気コイルに、y方向に沿う移動磁界を発生するための多相交流を通電する第1組の通電手段;y方向で第1グル-プと隣り合う第2グル-プの電気コイルに、第1グル-プの電気コイルが発生する移動磁界の方向と同方向の移動磁界を発生するための多相交流を通電する第2組の通電手段;および、第1組の通電手段が第1グル-プの電気コイルに通電する多相交流の周波数と、第2組の通電手段が第2グル-プの電気コイルに通電する多相交流の周波数との間の周波数差を設定する周波数設定手段;を備える溶融金属の流動制御装置。
IPC (3):
B22D 11/10 350 ,  B22D 11/10 ,  B22D 27/02
FI (3):
B22D 11/10 350 C ,  B22D 11/10 L ,  B22D 27/02 W
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all

Return to Previous Page