Pat
J-GLOBAL ID:200903003078815625

空燃比センサ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 高橋 祥泰
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993350255
Publication number (International publication number):1995198673
Application date: Dec. 28, 1993
Publication date: Aug. 01, 1995
Summary:
【要約】【目的】 低空燃比領域についても安定した検出が出来,かつコンパクトな,空燃比センサを提供すること。【構成】 限界電流式の空燃比センサ11は,固体電解質5の片面に内側電極32を,他面に外側電極31を有すると共に外側電極31の表面に拡散抵抗層1を設けてなるセンサ素子100と,センサ素子100を加熱するヒータ6とを有してなる。空燃比センサ9は,空燃比23における出力電流値が5〜10mAの範囲にある。拡散抵抗層1は,Mg・Al2 O3 スピネル被膜等であり,その厚みが650〜800μmであり,その気孔率は3〜5%である。
Claim (excerpt):
固体電解質の片面に内側電極を,他面に外側電極を有すると共に外側電極の表面に拡散抵抗層を設けてなるセンサ素子と,該センサ素子を加熱するヒータとを有してなる限界電流式の空燃比センサにおいて,該空燃比センサは,空燃比(A/F)23における出力電流値が5〜10mAの範囲にあることを特徴とする空燃比センサ。
FI (2):
G01N 27/46 325 K ,  G01N 27/46 325 L
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開平2-080946
  • 特開平2-080946

Return to Previous Page