Pat
J-GLOBAL ID:200903003082558939

押圧切断装置及び押圧切断方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 恩田 博宣 ,  恩田 誠
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002378712
Publication number (International publication number):2004209675
Application date: Dec. 26, 2002
Publication date: Jul. 29, 2004
Summary:
【課題】平板状のワークをその表面に付けたけがき線に沿って容易かつ短時間に押圧して折り取り切断することができる押圧切断装置を提供する。【解決手段】少なくとも外周縁付近を球面凹状に形成した支持面13aを有する支持部材13と、その支持部材13に接離可能に対向配置され、少なくとも外周縁付近を球面凸状に形成した押圧面18aを有する押圧部材18とを備える。支持部材13の支持面13a上に平板状のワークWを支持した状態で、押圧部材18を支持部材13側に接近移動させることで、ワークWを押圧部材18の押圧面18aにより支持面13a側に押圧し、その表面に付けたけがき線に沿って折り取り切断する。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
少なくとも外周縁付近を球面凹状に形成した支持面を有する支持手段と、 その支持手段の支持面上に平板状のワークを支持した状態で、そのワークを表面のけがき線に沿って折り取り切断するように、支持手段に対して接離可能に対向配置され、ワークを前記支持面に対して押圧するための押圧面を有する押圧手段と を備えたことを特徴とする押圧切断装置。
IPC (2):
B28D5/00 ,  C03B33/033
FI (2):
B28D5/00 A ,  C03B33/033
F-Term (8):
3C069AA02 ,  3C069AA03 ,  3C069CA05 ,  3C069CA11 ,  3C069EA02 ,  4G015FA04 ,  4G015FB01 ,  4G015FC11
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (9)
  • 特開昭58-149021
  • 特開平1-133952
  • 板状脆性材料の切断方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-214717   Applicant:佐藤和郎
Show all

Return to Previous Page