Pat
J-GLOBAL ID:200903003106731963

粘着力測定装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 新実 健郎 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993085265
Publication number (International publication number):1994273316
Application date: Mar. 18, 1993
Publication date: Sep. 30, 1994
Summary:
【要約】 (修正有)【目的】非加硫ゴム物体あるいは粘着テープ等の粘着力あるいは剥離力を、適宜場所において随意に測定し得る携帯型粘着力測定装置の提供。【構成】粘着力測定装置1は、グリップハンドル3を一体的に備えたボディーハウジング2と、ボディーハウジング2内に配した駆動源7と、一端側10aが、ハウジング2内において駆動源7に対し動力伝達機構8を介して機械的に連結され、他端側10bがハウジング2外にのびていて、軸方向に直線往復動可能なプランジャー部材10と、プランジャー部材10の先端10cに取り付けた応力検知手段11と、応力検知手段11を介してプランジャー部材10の先端10c側に標準試料Tを取り付けるための標準試料取り付け体12と、プランジャー部材10を第1の前進位置と第2の退却位置との間で直線往復動を制御する制御機構15とを備えたものからなっている。
Claim (excerpt):
粘着性を有する被測定物の表面に、粘着性を有するシート状標準試料を予め設定される押し込み圧で一定時間だけ押し当て、前記標準試料を前記被測定物の表面から引き離す際に生じる応力を測定して前記被測定物の粘着力を測定するようになした粘着力測定装置であって、グリップハンドルを一体的に備えたボディーハウジングと、前記ボディーハウジング内に配した駆動源と、一端側が、前記ボディーハウジング内において前記駆動源に対し動力伝達機構を介して機械的に連結されていて、他端側が、前記ボディーハウジング外にのびていて、軸方向に直線往復動可能なように前記ボディーハウジングに対して支持されているプランジャー部材と、前記プランジャー部材の他端側先端に取り付けられていて、前記被測定物に対する前記プランジャー部材の押し込み時の応力並びに前記被測定物に対する前記プランジャー部材の引き戻し時の応力を検知して電気信号を出力する応力検知手段と、前記応力検知手段を介して前記プランジャー部材に取り付けられていて、先端に、前記標準試料を取り付けるための標準試料取り付け部を備えた標準試料取り付け体と、前記プランジャー部材を第1の前進位置に前進させ、前記第1の前進位置において位置決めして、予め定めた一定時間だけ停止させておき、一定時間経過後、前記プランジャー部材を第2の退却位置に後退させ、前記第2の退却位置において位置決めして、停止させるための制御機構とを備えてなることを特徴とする粘着力測定装置。

Return to Previous Page