Pat
J-GLOBAL ID:200903003134641473

包装用袋

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 佐野 静夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998032504
Publication number (International publication number):1999227868
Application date: Feb. 16, 1998
Publication date: Aug. 24, 1999
Summary:
【要約】【課題】 略V形の角隅部を有し、角隅部の縁部が端縁ヒートシール部で囲繞されているとともに、角隅部を縦断し内部を複数個の収納室に仕切る縦断ヒートシール部が設けられた包装用袋であって、被包装物の飛び出しを防止し、容易かつ確実に開封することができるように成したものを提供する。【解決手段】 角隅部2を縦断する縦断ヒートシール部4に、角隅部2を縦断ヒートシール部4に交差する方向に引き裂いて各収納室5の一端にそれぞれ取り出し口9を形成することができるよう、引き裂き開始起点となる開封用カット6部が設けられたことを特徴とする。
Claim (excerpt):
略V形の角隅部を有し、該角隅部の縁部が端縁ヒートシール部で囲繞されているとともに、前記角隅部を縦断し内部を複数個の収納室に仕切る縦断ヒートシール部が設けられた包装用袋であって、前記縦断ヒートシール部に、前記角隅部を前記縦断ヒートシール部に交差する方向に引き裂いて前記各収納室の一端にそれぞれ取り出し口を形成することができるよう、引き裂き開始起点となる開封用カット部が設けられたことを特徴とする包装用袋。
IPC (3):
B65D 85/72 ,  B65D 75/62 ,  B65D 81/32
FI (3):
B65D 85/72 D ,  B65D 75/62 A ,  B65D 81/32 B
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 流体封入袋
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-149709   Applicant:株式会社資生堂
  • 開封が容易な軟質包装袋
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平6-235674   Applicant:凸版印刷株式会社

Return to Previous Page